2007年6月26日 (火)

ウィンブルドンとローランギャロス

先ほどテレビをつけると

おおっ

中村藍子選手がウィンブルドンの本選を戦っている。

ああ~。もう今年もこんな季節なんだな~

と、趣味としてテニスを愛好している私は、しばし見入ってしまった。

Imgp48950s_1s_2s_1s_2ss
[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/15sec F1.9 ISO100 HDR]

こちらは、オークションにて落札した 「王者フェデラー」 フィギュア

Wilsonのラケット 「[K] SIX.ONE TOUR 90」 に限定3500体という抱え合わせ商法的に付属していたものだ。

草大会出場の前には、二礼二拍手一礼してから出掛けることにしている。

ウィンブルドンは、伝統もあり サーブ&ボレーのプレイヤーに有利な 「芝」 のサーフェスである。 

私の好きなカツテの名プレイヤー 「ステファン・エドバーグ」 や 「ボリス・ベッカー」 等が必ず活躍するため、高校生の頃には食い入るように見たものだ。

難点がひとつ。

準決勝・決勝ともなるとそのキレイでウツクシかった 「芝」 が徐々に荒れてくる。

私は、「ビデオで録って、スローで再生したい派」 であるので、そうすると ボールの黄色 と 荒れた芝の黄色 が重なっちゃって、スローなのにボールを見失っちゃって ヒジョー にツライのである。

やっぱり芝は、

「イイんだよー」「グリーンだよー」

でなきゃ。

Imgp4896s_1
[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/15sec F1.9 ISO100]

そしてこちらは、「ローランギャロスの砂」 である。

新婚旅行にて訪れたパリにて 開催していた全仏オープン会場で購入したものである。

パリでのフリーの貴重な一日。

チケットも取れずに旅立った為、現地にて 「Please Ticket」 と書いたメモ用紙を持ち 1~2時間パリのダフ屋と格闘。

どの国にも 「いいひと」はいるもので Ticket を Get!

入場に成功したという 「甲子園の砂」 に匹敵する 涙、ナミダの由緒正しい砂 なのである。

いずれ、「ドタバタ新婚旅行記」 もアップ出来れば、と思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月28日 (月)

単焦点レンズ~その2~

Imgp4985s_2
[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/90sec F1.9 ISO100]

今回も引き続き単焦点レンズ FA43mmLimited  での写真です。

もみじ? 何でしょう?

気になる方はリンク先の樹木医さんにコメントしてみよう!

Imgp4996s_1
[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/45sec F1.9 ISO100]

こちらは タイツリソウ

鯛 釣り 草 だと思います。

今日も大漁だー

Imgp4982s
[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/45sec F1.9 ISO100]

ツツジ? 

樹木医さんにGO!

植物の名前を知らないのがイタイ。

何気なくしゃべるととカッコいいもの

①植物の名前 ②星座の名前 ③映画のタイトル

あー、映画見てないなー

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2007年5月10日 (木)

単焦点レンズ

Imgp4707s
[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/15sec F1.9 ISO100]

この春ウララかな良き季節に私は生まれた。

こんなにも誕生日がありがたくステキな日であったのはいつ以来であろうか?

そうっ! 誕生日プレゼントとして単焦点レンズを購入させて頂いたのだ。

Imgp4832s
[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/1500sec F1.9 ISO100]

その写りときたらもう 「ウットリ ウフフフ」 なのである。

言葉では言い表せないが濃厚なソフトクリームみ・た・い ウフフフ。

が、しかしである。

一度合焦すると、そこはもう尖ったナイフの切れ味の良さである。

Imgp4840s
[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/4000sec F2.4 ISO100]

そんな2面性を持った素晴らしいレンズである。

まあ、他のレンズを知らないだけでもありますが。

とにかく毎日ウットリの連続で疲れるのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

camera | K10D DA 18-55mm | K10D FA43mmLimited | tennis | 文化・芸術 | 音楽