2007年4月 9日 (月)

お花の魅力

Imgp4004s
[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 55mm 1/8sec F6.3 ISO100]

白い花弁に載るピンクのグラデーション。

蕊の表面を覆う黄色の花粉。

そしてそれらのコントラスト。

Imgp4003s
[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 55mm 1/5sec F5.6 ISO100]

オドロオドロしさすら感じるその容姿にお花の魅力を感じずには居られない。

濃密で匂いたつ様な姿に狼狽し、しばしクギズケになった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

ばあちゃん

Imgp4021s_1
[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 35mm 1/25sec F8.0 ISO100]

先日、実家に行くと

「最近、あったかくなったからなー」

と庭先で祖母が草取りをしていた。

腰が折れ、膝も股関節も痛みがあるという。

歩くことは出来るが、杖やシルバーカーは手放せない。

這い回って草を取っている。

僕が近づいて行くと

「今日の仕事はこれで終わりだー。コーヒーでも飲まねか?」

「いいねー」

畑から帰った母も参加し、コーヒーを飲み、話しをして家路についた。

 Imgp4045s_1
[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 45mm 1/50sec F5.6 ISO100]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

春です。

Imgp3611s
[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 35mm 1/13sec F4.5 ISO200]

冬の間、外に置去りになっていたアイビーの葉は、全て頭を垂れてしまっている。

しかし、春です。

小さな葉がチラホラ誕生してきた。

その葉は、上を向いている。

春です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

雛人形

Imgp3795s
[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 43mm 0.3sec F4.5 ISO200]

私の兄弟は、男ばかりの三兄弟。

が、しかし 

毎年この時期になると、祖母と母がエッコラエッコラと家の最深部の何処からか、オビタダしい数の雛人形を運び出して来たものだった。

子供の頃は、飾り付けが終わるととりあえず、お内裏様の太刀でチャンチャンバラバラしたものであった。

Imgp3780s
[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 55mm 1/8sec F5.6 ISO400]

それらの雛人形は、なんともアンティークな者達ばかりであった。

アンティーク雛人形としての価値は、如何程のものか見当もつかないが、オトナへの階段を上りつつある私は、「イイナ。」 と感じてしまった。

Imgp3751s [PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 55mm 1.0sec F8.0 ISO100]

現在は、姪っ子の雛人形も加わりさらに大所帯になっている。

ちょっと数えたところ、50名近い方々がお座りなさって居られまするー。

それはもう圧巻である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

枯れゆく

Imgp1940s [PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 33mm 1/90sec F4.0 ISO100]

枯れる。

草木が水分を失って、生気がなくなる。

Imgp3110s
[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 33mm 1/90sec F4.0 ISO100]

枯れる。

人柄や技芸が深みのある渋さをもつようになる。円熟する。

枯れる ってこんな意味もあるのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

スモーキー&ハニー

Imgp3376s [PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 45mm 1/60sec F4.5 ISO100]

今、私の中で文句無く 「Norah Jones」 がアツイ。

まずその歌声。まさに 「スモーキー&ハニー」 のキャッチコピーそのままである。このコピーを考案された方に グッドジョブ! と言いたい。

独り、バーカウンターでタバコを燻らせながらカクテルグラスを傾ける二次会帰りの男33歳独身。という画が浮かぶ。

Imgp3381s
[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 45mm 1/60sec F4.5 ISO100]

そして、弾語りが出来る。基本的に私は 「Singer SongWriter Player」 でないとどうしても好きになれない。

さらに、カワイイということ。うふっ。

Imgp3258s_1[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 45mm 1/60sec F4.5 ISO100]

夜景が見えるバーで聴きたい。(行ったことないが。。。)

最新版 「Not Too Late」 のジャケット写真、素敵です。

| | コメント (52) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

モノの質感

Imgp1764s
[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 45mm 1/60sec F4.5 ISO100]

子供の頃、和服の刺繍の部分が好きであった。

刺繍糸にラメを混ぜ込んで縫ってある花の刺繍である。

それを唇にザラザラすると夜の闇の恐怖と格闘することなく不思議とすぐに寝入ることが出来た。

Imgp1950s 
[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 24mm 1/250sec F4.0 ISO100]

そんな幼少期を経たためかモノの質感に少なからず執着がある。

苔むす岩のなんと ゴツゴツ で フワフワ なことか。

朽ちかけた土壁のなんと ザラザラ で ボソボソ なことか。

Imgp3024s
[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 35mm 1/15sec F5.6 ISO100]

好きな質感に出会うと ソワソワ で ジロジロ してしまう。

連想ゲームまた見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

マーヴェリック

Imgp1246s [PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 45mm 1/125s F3.5 ISO100]

「a maverick」 とはどの組織や党にも属さない“一匹オオカミ”、“異端児”のことで、小泉首相も登場した頃は英字新聞などで      a maverick politician(変人政治家)と呼ばれていた。

中学生の頃英語の授業で、群で暮らす渡り鳥(グース)の中に一羽だけ一匹狼がいるという物語があった。その鳥のあだ名は 「マーヴェリック」 といった。確かそいつは、いい奴だったと記憶している。

Imgp2117s

[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 55mm 1/500sec F5.6 ISO100]

映画 「TOP GUN」

トム・クルーズ演じる主人公もまた 「マーヴェリック」。 イロイロあってやっぱり一匹狼。しかし、スゴ腕のエースパイロットである。

Imgp2968s

[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 55mm 1/180sec F5.6 ISO100]

水鳥を見るといつも 「マーヴェリック」 を思い出す。そして、一匹狼のカッコよさを感じてしまうのである。内容が伴わないと、ただの変わり者になっちゃうけどね。

ちなみに映画 「マーヴェリック」 はまだ見てません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月27日 (火)

おとなへの階段

Imgp1285s [PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 18mm 1/6sec F3.5 ISO400]

湯船につかって 「ウァーー」 とため息をついた高校3年生。

フキ味噌を食べ 「オオッ?」 と春の息吹を感じた社会人2年生。

人は皆、確実に一歩一歩 「おとなへの階段」 を上っている

Imgp1334s

[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 35mm 1/4sec F4.5 ISO280]

最近、お花の魅力を感じつつある。

また、「おとなへの階段」 を一段上ったのだろうか?

Imgp1340s [PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 35mm 1/4sec F4.5 ISO800]

先日、妻が通うフラワーアレンジメント教室のお花屋さんにくっついて行った。

生家が植物関係の自営業を営んでいたのでお花に対する抵抗力はある方だと自覚していたが。。。

ヤラレテしまった。お花の魅力に。。。

また、一段上ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月23日 (金)

藍は藍より出でて藍より青し

Imgp1137s_2           [PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 18mm 1/4sec F3.5 ISO200]

「藍は藍より出でて藍より青し」

染料となった藍(インディゴ)の色は原料となる植物の藍の色より、鮮やかな藍色をしていていることから、教えた人より教えられた人の才能がより開花したことの例え。

Imgp2094s         [PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 55mm 1/180sec F11 ISO100]

「空はK10Dより出でて空より青し」

カメラを持つようになり世の中の物・人を良く見るようになった。この場合は、「良く観る」であろうか。

とりわけ空の青さには、ココロ奪われる。

撮影・現像した空は、さらに青味を増す。 ウットリ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

camera | K10D DA 18-55mm | K10D FA43mmLimited | tennis | 文化・芸術 | 音楽