2007年6月26日 (火)

ウィンブルドンとローランギャロス

先ほどテレビをつけると

おおっ

中村藍子選手がウィンブルドンの本選を戦っている。

ああ~。もう今年もこんな季節なんだな~

と、趣味としてテニスを愛好している私は、しばし見入ってしまった。

Imgp48950s_1s_2s_1s_2ss
[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/15sec F1.9 ISO100 HDR]

こちらは、オークションにて落札した 「王者フェデラー」 フィギュア

Wilsonのラケット 「[K] SIX.ONE TOUR 90」 に限定3500体という抱え合わせ商法的に付属していたものだ。

草大会出場の前には、二礼二拍手一礼してから出掛けることにしている。

ウィンブルドンは、伝統もあり サーブ&ボレーのプレイヤーに有利な 「芝」 のサーフェスである。 

私の好きなカツテの名プレイヤー 「ステファン・エドバーグ」 や 「ボリス・ベッカー」 等が必ず活躍するため、高校生の頃には食い入るように見たものだ。

難点がひとつ。

準決勝・決勝ともなるとそのキレイでウツクシかった 「芝」 が徐々に荒れてくる。

私は、「ビデオで録って、スローで再生したい派」 であるので、そうすると ボールの黄色 と 荒れた芝の黄色 が重なっちゃって、スローなのにボールを見失っちゃって ヒジョー にツライのである。

やっぱり芝は、

「イイんだよー」「グリーンだよー」

でなきゃ。

Imgp4896s_1
[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/15sec F1.9 ISO100]

そしてこちらは、「ローランギャロスの砂」 である。

新婚旅行にて訪れたパリにて 開催していた全仏オープン会場で購入したものである。

パリでのフリーの貴重な一日。

チケットも取れずに旅立った為、現地にて 「Please Ticket」 と書いたメモ用紙を持ち 1~2時間パリのダフ屋と格闘。

どの国にも 「いいひと」はいるもので Ticket を Get!

入場に成功したという 「甲子園の砂」 に匹敵する 涙、ナミダの由緒正しい砂 なのである。

いずれ、「ドタバタ新婚旅行記」 もアップ出来れば、と思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月28日 (月)

単焦点レンズ~その2~

Imgp4985s_2
[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/90sec F1.9 ISO100]

今回も引き続き単焦点レンズ FA43mmLimited  での写真です。

もみじ? 何でしょう?

気になる方はリンク先の樹木医さんにコメントしてみよう!

Imgp4996s_1
[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/45sec F1.9 ISO100]

こちらは タイツリソウ

鯛 釣り 草 だと思います。

今日も大漁だー

Imgp4982s
[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/45sec F1.9 ISO100]

ツツジ? 

樹木医さんにGO!

植物の名前を知らないのがイタイ。

何気なくしゃべるととカッコいいもの

①植物の名前 ②星座の名前 ③映画のタイトル

あー、映画見てないなー

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2007年5月10日 (木)

単焦点レンズ

Imgp4707s
[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/15sec F1.9 ISO100]

この春ウララかな良き季節に私は生まれた。

こんなにも誕生日がありがたくステキな日であったのはいつ以来であろうか?

そうっ! 誕生日プレゼントとして単焦点レンズを購入させて頂いたのだ。

Imgp4832s
[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/1500sec F1.9 ISO100]

その写りときたらもう 「ウットリ ウフフフ」 なのである。

言葉では言い表せないが濃厚なソフトクリームみ・た・い ウフフフ。

が、しかしである。

一度合焦すると、そこはもう尖ったナイフの切れ味の良さである。

Imgp4840s
[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/4000sec F2.4 ISO100]

そんな2面性を持った素晴らしいレンズである。

まあ、他のレンズを知らないだけでもありますが。

とにかく毎日ウットリの連続で疲れるのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

お花の魅力

Imgp4004s
[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 55mm 1/8sec F6.3 ISO100]

白い花弁に載るピンクのグラデーション。

蕊の表面を覆う黄色の花粉。

そしてそれらのコントラスト。

Imgp4003s
[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 55mm 1/5sec F5.6 ISO100]

オドロオドロしさすら感じるその容姿にお花の魅力を感じずには居られない。

濃密で匂いたつ様な姿に狼狽し、しばしクギズケになった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

ばあちゃん

Imgp4021s_1
[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 35mm 1/25sec F8.0 ISO100]

先日、実家に行くと

「最近、あったかくなったからなー」

と庭先で祖母が草取りをしていた。

腰が折れ、膝も股関節も痛みがあるという。

歩くことは出来るが、杖やシルバーカーは手放せない。

這い回って草を取っている。

僕が近づいて行くと

「今日の仕事はこれで終わりだー。コーヒーでも飲まねか?」

「いいねー」

畑から帰った母も参加し、コーヒーを飲み、話しをして家路についた。

 Imgp4045s_1
[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 45mm 1/50sec F5.6 ISO100]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

春です。

Imgp3611s
[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 35mm 1/13sec F4.5 ISO200]

冬の間、外に置去りになっていたアイビーの葉は、全て頭を垂れてしまっている。

しかし、春です。

小さな葉がチラホラ誕生してきた。

その葉は、上を向いている。

春です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

雛人形

Imgp3795s
[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 43mm 0.3sec F4.5 ISO200]

私の兄弟は、男ばかりの三兄弟。

が、しかし 

毎年この時期になると、祖母と母がエッコラエッコラと家の最深部の何処からか、オビタダしい数の雛人形を運び出して来たものだった。

子供の頃は、飾り付けが終わるととりあえず、お内裏様の太刀でチャンチャンバラバラしたものであった。

Imgp3780s
[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 55mm 1/8sec F5.6 ISO400]

それらの雛人形は、なんともアンティークな者達ばかりであった。

アンティーク雛人形としての価値は、如何程のものか見当もつかないが、オトナへの階段を上りつつある私は、「イイナ。」 と感じてしまった。

Imgp3751s [PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 55mm 1.0sec F8.0 ISO100]

現在は、姪っ子の雛人形も加わりさらに大所帯になっている。

ちょっと数えたところ、50名近い方々がお座りなさって居られまするー。

それはもう圧巻である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

枯れゆく

Imgp1940s [PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 33mm 1/90sec F4.0 ISO100]

枯れる。

草木が水分を失って、生気がなくなる。

Imgp3110s
[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 33mm 1/90sec F4.0 ISO100]

枯れる。

人柄や技芸が深みのある渋さをもつようになる。円熟する。

枯れる ってこんな意味もあるのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

スモーキー&ハニー

Imgp3376s [PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 45mm 1/60sec F4.5 ISO100]

今、私の中で文句無く 「Norah Jones」 がアツイ。

まずその歌声。まさに 「スモーキー&ハニー」 のキャッチコピーそのままである。このコピーを考案された方に グッドジョブ! と言いたい。

独り、バーカウンターでタバコを燻らせながらカクテルグラスを傾ける二次会帰りの男33歳独身。という画が浮かぶ。

Imgp3381s
[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 45mm 1/60sec F4.5 ISO100]

そして、弾語りが出来る。基本的に私は 「Singer SongWriter Player」 でないとどうしても好きになれない。

さらに、カワイイということ。うふっ。

Imgp3258s_1[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 45mm 1/60sec F4.5 ISO100]

夜景が見えるバーで聴きたい。(行ったことないが。。。)

最新版 「Not Too Late」 のジャケット写真、素敵です。

| | コメント (52) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

モノの質感

Imgp1764s
[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 45mm 1/60sec F4.5 ISO100]

子供の頃、和服の刺繍の部分が好きであった。

刺繍糸にラメを混ぜ込んで縫ってある花の刺繍である。

それを唇にザラザラすると夜の闇の恐怖と格闘することなく不思議とすぐに寝入ることが出来た。

Imgp1950s 
[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 24mm 1/250sec F4.0 ISO100]

そんな幼少期を経たためかモノの質感に少なからず執着がある。

苔むす岩のなんと ゴツゴツ で フワフワ なことか。

朽ちかけた土壁のなんと ザラザラ で ボソボソ なことか。

Imgp3024s
[PENTAX K10D DA18-55mmF3.5-5.6AL 35mm 1/15sec F5.6 ISO100]

好きな質感に出会うと ソワソワ で ジロジロ してしまう。

連想ゲームまた見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

camera | K10D DA 18-55mm | K10D FA43mmLimited | tennis | 文化・芸術 | 音楽