« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月26日 (火)

ウィンブルドンとローランギャロス

先ほどテレビをつけると

おおっ

中村藍子選手がウィンブルドンの本選を戦っている。

ああ~。もう今年もこんな季節なんだな~

と、趣味としてテニスを愛好している私は、しばし見入ってしまった。

Imgp48950s_1s_2s_1s_2ss
[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/15sec F1.9 ISO100 HDR]

こちらは、オークションにて落札した 「王者フェデラー」 フィギュア

Wilsonのラケット 「[K] SIX.ONE TOUR 90」 に限定3500体という抱え合わせ商法的に付属していたものだ。

草大会出場の前には、二礼二拍手一礼してから出掛けることにしている。

ウィンブルドンは、伝統もあり サーブ&ボレーのプレイヤーに有利な 「芝」 のサーフェスである。 

私の好きなカツテの名プレイヤー 「ステファン・エドバーグ」 や 「ボリス・ベッカー」 等が必ず活躍するため、高校生の頃には食い入るように見たものだ。

難点がひとつ。

準決勝・決勝ともなるとそのキレイでウツクシかった 「芝」 が徐々に荒れてくる。

私は、「ビデオで録って、スローで再生したい派」 であるので、そうすると ボールの黄色 と 荒れた芝の黄色 が重なっちゃって、スローなのにボールを見失っちゃって ヒジョー にツライのである。

やっぱり芝は、

「イイんだよー」「グリーンだよー」

でなきゃ。

Imgp4896s_1
[PENTAX K10D FA43mmLimited 1/15sec F1.9 ISO100]

そしてこちらは、「ローランギャロスの砂」 である。

新婚旅行にて訪れたパリにて 開催していた全仏オープン会場で購入したものである。

パリでのフリーの貴重な一日。

チケットも取れずに旅立った為、現地にて 「Please Ticket」 と書いたメモ用紙を持ち 1~2時間パリのダフ屋と格闘。

どの国にも 「いいひと」はいるもので Ticket を Get!

入場に成功したという 「甲子園の砂」 に匹敵する 涙、ナミダの由緒正しい砂 なのである。

いずれ、「ドタバタ新婚旅行記」 もアップ出来れば、と思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »